経営顧問になる方法とは?経営スキルを持つ人材が求められている背景を解説 - V-COMONが、200名のビジネスエグゼクティブと提携企業が貴社の顧客増加と経費削減を支援

個人向けコラム

経営顧問になる方法とは?経営スキルを持つ人材が求められている背景を解説

カテゴリ: 顧問 作成日:2021年01月19日(火)
2021 01 19 1 v

経営顧問とは、企業経営に関するサポートを行う人材のことです。経営陣の一人として携わるのではなく、外部からの専門的な人材として経営に関する意思決定や経営方針に関するアドバイスを行います。

 

企業側にとっては、豊富な実績を積んだ経営顧問からのアドバイスやノウハウを通して、広い視野を持ちながら経営を進められるのがメリットです。

一方、経営顧問としても、過去の経験を活かして活躍できる機会を得られます。 

 

 

経営スキルを持つ人材が求められている

2021 01 19 2 v
経営経験やスキルを有する経営顧問が求められている背景として、多くの企業で経営の知識を有する人材が不足していることが挙げられます。

ベンチャー企業など若手中心が集まる企業では、経営陣の経験自体が少ないため、経営的な問題を抱えてしまったり、売上が伸びずに事業を断念したりするケースも少なくありません。

 

そこで、注目を集めているのが、外部人材である経営顧問です。
業界に関する専門的な知識を備えているのに加え、実際に経営での成功経験があることから、企業にとって好結果を得られる可能性が高まります。

 

 

経営顧問になる方法とポイントとは?

2021 01 19 3 v
経営顧問として活躍するためには、ビジネス支援を行っているサービスに登録をします。各サービスで、採用基準や支援業界などが異なるため、すぐに経営顧問になれるわけではない点に注意が必要です。

また、経営顧問としてふさわしい人材になるためにも、ポイントを3つ抑えておきましょう。

 

1つ目は、確かな経営スキルや成功経験を持っていることです。

企業に対して経営的なアドバイスを行う際に、そのアドバイスの有用性を説明しなければなりません。企業側の経営陣を納得させるには、自身が持つ過去の成功経験の実績も必要であり、価値のある情報を提供することが求められます。

 

2つ目は、スピードと判断力を備えた人材です。

経営的に行き詰まり、なんとかして軌道修正を図りたいために、支援サービスを利用している企業も少なくありません。しかし、経営顧問の行動が遅いがゆえに、最悪の場合、さらなる経営悪化を招くことにつながります。案件にもよりますが、企業の経営陣としてはなるべく早く課題を解決したいのが本音です。スピードはもちろん、どのようなプロセスを進めて行くかの判断力も大切です。

 

3つ目は、コミュニケーション能力です。

支援を行う企業がどのような状況であるのか、そしてどのようなアドバイスを送り経営改善を進めていくかは、企業側の経営者と日々話し合いを行わなければなりません。
しかし、コミュニケーションがうまく取れないことで、顧客からの不信感が募り、クレームや契約解除といったトラブルを招いてしまうこともあります。どのビジネスでもコミュニケーションは基本的なことであり、経営顧問として活躍するためにも相談しやすい人物であることが重要です。

 

 

まとめ

経営顧問は、過去の経営経験やスキルを活かせる仕事です。ベンチャー企業やスタートアップ企業が増える中で、経営陣へのアドバイスを行い、企業の成長をサポートできます。

ただし、優秀な経営顧問になるためには、「豊富な成功経験があること」、「スピード感や判断力に長けていること」、「コミュニケーションをしっかり行えること」が求められます。

 

企業の経営課題を解決する「V-COMON」では、パートナーとなって頂ける顧問の方を募集しています。

パートナーの総合力でクライアントを支援するので、お一人の顧問の方で解決が難しい問題には、他のV-COMONパートナーの支援も受けることが可能です。

多くの企業が抱えている経費削減サポートや、新規顧客を獲得するための人脈紹介サービスなどを展開しており、これまでの経験を活かしてみましょう。

 

顧問登録

注目記事

 

企業向け記事

一覧へ戻る